バイナリーオプションでの利益に税金はかかるのか

バイナリーオプションで利益を重ねてあげたとして、果たしてその利益に対する税金は、どのようにかかるのでしょうか。
例えば、会社で働いて得た収入には所得税などがかかり、多くの場合は源泉徴収という形で納税を行っています。また、自営業の場合でも得た収益を事業所得として計算し、確定申告贅を支払う必要があります。
これに対してのバイナリーオプションですが、実はバイナリーオプションで積み上げた利益も収入とみなされるため、税金を払う必要があるのです。

まず、バイナリーオプションでの利益は、一般的な給与や個人事業主の事業所得のような総合課税とは違い、不動産や株売却による所得と同じ者として扱われ、申告分離課税のカテゴリーに入ります。
以前は、上げた利益は雑所得として扱われており、例えばインターネット広告の収益などと同じ区分とされていました。この時は累進課税制度だったために、大きな利益を上げれば挙げるほど、税率が高くなっていたのです。
しかし、2012年の税制改革により、バイナリーオプションの区分が変わり、一律20%の税金がかけられるようになりました。このことにより、大きな収益を上げても常に一定の税率で済むようになり、逆に小さな利益でも20%の税率がかけられるようになってしまったのです。
これは、少ししか利益が上がっていない人にとってはつらい話になりそうなのですが、これに対する援護策として「3年間繰越控除」という条件がもうけられました。

この3年間繰越控除は以前にはなかった制度で、一言でいえば、3年間の利益と損失の過去歴を考慮して課税をしていく、という制度になります。
少し例をとってみてみましょう。バイナリーオプションを始めて最初の1年が経過して、その収益が決まったので確定申告をしたとします

1年目の収益は、まだはじめたばかりという事で損失を背負ってしまい、30万円の赤字を出してしまいました。
通常であれば赤字であるために申告の必要はないと思われますが、3年間繰越控除はこの赤字を申告するという事に大きなポイントがあるのです。そのために、30万円の赤字を確定申告しておきます。もちろん赤字で利益はでていませんので、税金も発生しません。

2年目の収益は、バイナリーオプションにも慣れ始めたこともあり、順調に10万円の利益を出すことができました。これは黒字、つまり利益が出たのでもちろん確定申告をします。
今までですと、この10万円の利益に対して課税がなされ、それに対しての税金を納めることになっていたのですが、3年間繰越控除が効いているために、1年目の赤字であるマイナス30万円が考慮され、2年目の利益である10万円に対しての課税は控除されました。

3年目の収益は、しっかりとバイナリーオプションのコツを掴んだことで、前年の倍である20万円もの利益を出すことができました。利益が出たのでこれも確定申告をします。
3年目の利益である20万円に対して課税をされますので、通常であればこの20万円に対する税金を納めることになるのですが、3年間繰越控除の有効期間は、その名称の通りに3年になりますので、今年の税金もまだ控除の対象期間内になります。
1年目の30万円の損失から、2年目の10万円の利益を差し引いた、20万円までの利益が控除の対象額となるため、3年目の利益についても控除になり、税金が発生し無いのです。

このように、3年間繰越控除の導入により、過去3年間の収益を繰り越し、控除の対象として考慮されるようになりました。
以前は、その年毎の利益に対して課税をされていましたので、先の例をそのままにとれば、
1年目は赤字で課税なし、2年目は10万円に対する課税、3年目は20万円に対する課税となることになります。
これに比べると、3年間繰越控除の効果はとても大きいと言え、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、不馴れであるために利益が出ることなどほとんどないでしょうし、2年、3年と続けていくうちにだんだんと勝率が上がっていく、という成長の流れに大変にマッチしていると思われます。
特に投資取引が軌道に乗り始める2、3年目まで、場合によっては課税控除になるという事は、じっくりと経験を積んでいくことや、資金が減ることを防げるために、とても追い風になることでしょう。
ひとまず、税金で利益が無くなるのではないか、という考えは外していて大丈夫だと思われますので、まだバイナリーオプションを始めたばかりだという人は思う存分に、これから始めてみようかなと興味をお持ちの人は、ぜひこの税制改革の恩恵を受けてみてはいかがでしょうか。