FXの魅力に迫る




sdfgThinkForexは2010年にニュージーランドの証券取引委員会により認可を受けて営業を開始しました。採用している取引方式はECN方式なので、スプレッドが非常に狭いという特徴があります。

取引ツールとしてはメタトレーダー4・SPEEDTRADERが使用されています。汎用性の高い取引ツールなのであらゆるタイプのトレーダーに対応しています。自動売買を行うトレーダーには、安定したVPSホスティングサーバーを無料で提供しているので、世界中からかなり高い評価を受けています。

さらに、ThinkForexが高い評価を受けているポイントとして圧倒的に約定力を挙げることができます。また、全ての口座がノンディーリングデスクに対応していること、日本語のサポートがついていることも高い評価を受けています。特に評価が高い約定力については、相場が大きく変動したときに強いと海外のフォーラムから評価を受けています。この点は実際に使用するに当たり、大きな助けになってくれるはずです。

ThinkForexの取引ツールは、日本語に対応しているので日本語表記のスイッチを見ながら操作することができます。英語の表記だと調べながら利用をしないといけないので時間がかかりますが、こちらではその心配がありません。公式サイトでも2011年7月から日本語によるサポートが開始されています。この点も安心材料のひとつといえるでしょう。

日本語対応で言えば、メール・電話・チャットなどのカスタマーサポートを日本語対応してもらうことが可能です。ThinkForexのVPSはスペック・回線ともに問題がなく、ストレスなくコンピューターから操作を行うことができます。しかしながら、安定性という面では少し課題を抱えていることも事実です。この点はマイナスポイントとして認識しておく必要があるかもしれません。

過去の例では、ThinkForexのシステムが消滅し、何度も電話やメールでサポートを依頼したとう事例もあります。評価が分かれるポイントではありますが、メインのVPSとして完全に信頼できるかというと、そうではないという方もいているのが実際です。この点を判断しながら健闘する必要があるかもしれません。自分の目で判断するのが一番大切ですが、参考までにFX ブログなども読んでおくのもいいでしょう。他のトレーダーの意見や体験話も役に立つ事があると思います。(取引ツールが豊富で、使い方についてのサポートも充実している業者としてThinkForexの他にバイオプと24オプションがあります。次回特集を組みたいと思いますのでよろしくお願いします。)